TOP NEWS

【偽造薬問題】偽造品流通防止で議論開始、今夏めどに中間取りまとめ  厚労省検討会

【偽造薬問題】偽造品流通防止で議論開始、今夏めどに中間取りまとめ  厚労省検討会 New 

 C型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品問題を受け、厚生労働省は29日、「医療用医薬品の偽造品流通防止のための施策のあり方に関する検討会」の初会合を開き、偽造医薬品の流通防止のための卸売…(3月29日 16:07)

主要NEWS

薬剤師国試

【第102回薬剤師国試】新卒合格率、私大トップは国際医療福祉大  受験率は88.5% 

【第102回薬剤師国試】新卒合格率、私大トップは国際医療福祉大  受験率は88.5%

 28日に発表された第102回薬剤師国家試験の大学別合格者数によると、私大の新卒合格率トップは国際医療福祉大の99.14%…

続きを読む続きを読む

薬局経営

ハッピーファーマシー(愛媛) 「美と健康」の実験店開設、調剤以外に専念  初の薬店、地元産食材など200品目 

ハッピーファーマシー(愛媛) 「美と健康」の実験店開設、調剤以外に専念  初の薬店、地元産食材など200品目

 愛媛県内で調剤薬局の「ハッピー薬局」を展開するハッピーファーマシー(松山市)は、地域住民の健康づくりに役立つ商品や…

続きを読む続きを読む

健康サポート薬局

クリオネ(北海道)  全28店舗にOTC48薬効群、まず4店舗で届け出へ  大・小店舗別に2種類の品ぞろえ 

クリオネ(北海道)  全28店舗にOTC48薬効群、まず4店舗で届け出へ  大・小店舗別に2種類の品ぞろえ

 北海道で調剤薬局のチェーン展開を図るクリオネ(札幌市)は、厚生労働省が健康サポート薬局に品ぞろえすることが望ましいとし…

続きを読む続きを読む

敷地内薬局

公立能登総合病院の敷地内薬局  優先交渉権者にグランファルマ・日調グループ 

公立能登総合病院の敷地内薬局  優先交渉権者にグランファルマ・日調グループ

 公立能登総合病院(石川県七尾市)は23日までに、敷地内薬局などの誘致を目的に昨秋から公募していたアメニティー施設整…

続きを読む続きを読む

【新刊紹介】

【監修者インタビュー】 「精神科は取っつきにくい」が変わる! つまずくポイントをパパッとクリア!“精神科薬物療法ガイド”刊行  

【監修者インタビュー】
「精神科は取っつきにくい」が変わる!
つまずくポイントをパパッとクリア!“精神科薬物療法ガイド”刊行

 精神科の治療が入院から外来へとシフトする中、薬局で処方箋を応需し、患者から相談を受ける機会も増えてきた。精神科薬物…

続きを読む続きを読む

ピックアップ

【偽造薬問題】偽造品流通防止で議論開始、今夏めどに中間取りまとめ  厚労省検討会 New

【偽造薬問題】偽造品流通防止で議論開始、今夏めどに中間取りまとめ  厚労省検討会

 C型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品問題を受け、厚生労働省は29日、「医療用医薬品の偽造品流通防止のための施策のあり方に関する検…

続きを読む続きを読む

寄稿

〔寄稿〕偽造品問題で問われているのは「当事者意識」  薬剤師に国民の負託に応える資格はあるか 

〔寄稿〕偽造品問題で問われているのは「当事者意識」  薬剤師に国民の負託に応える資格はあるか

 C型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品問題は、国民皆保険制度の下で厳格に管理されていたはずの医薬品流通網の欠陥をさら…

続きを読む続きを読む

どう対処 16年度改定

日本調剤  かかりつけ料算定、1店舗当たり月200件超に  かかりつけ薬剤師1人100件、在宅に発展も 

日本調剤  かかりつけ料算定、1店舗当たり月200件超に  かかりつけ薬剤師1人100件、在宅に発展も

 日本調剤は2月末までに、1店舗当たりのかかりつけ薬剤師指導料の平均算定件数が月200件を突破した。施設基準を満たせず、…

続きを読む続きを読む

連載

【ハーバード×MBA×医師 薬局経営者のためのやさしく学ぶMBA】 ②外部環境の変化に応じた経営戦略を立てる 

【ハーバード×MBA×医師 薬局経営者のためのやさしく学ぶMBA】
②外部環境の変化に応じた経営戦略を立てる

猪俣武範(順天堂大学医学部眼科学教室) はじめに  医薬分業の進展、医療費削減に伴う調剤報酬の引き下げや薬価差縮小など…

続きを読む続きを読む

2016年度 調剤報酬改定

経過措置の施設基準、引き続き算定は4月10日までに届け出  厚労省が事務連絡 

経過措置の施設基準、引き続き算定は4月10日までに届け出  厚労省が事務連絡

 厚生労働省保険局医療課は3日までに、2016年度診療報酬改定で17年3月31日までの経過措置を設けた施設基準について、4月以降も算定する場…

続きを読む続きを読む

時事解説

薬局・薬剤師のポリファーマシー対策どうすれば  18年度改定でも「薬剤の適正化」がキーワードに 

薬局・薬剤師のポリファーマシー対策どうすれば  18年度改定でも「薬剤の適正化」がキーワードに

 医療現場で、不適切な多剤服用(ポリファーマシー)の是正に向けた取り組みが活発化している。院内に多職種による対策チ…

続きを読む続きを読む

コラム

〔コラム〕「敷地内薬局」をどうしたいのだろう 

〔コラム〕「敷地内薬局」をどうしたいのだろう

 厚生労働省は一体どうしたいのだろう。敷地内薬局への対応を巡って、あちこちでそんな声を耳にする。  本WEBサイト上には、敷地内薬局に関連する…

続きを読む続きを読む

お知らせ

■2週間分のトップニュースを再編集したTOPNEWS DIGESTを公開しています(毎月10日・25日更新)。

■2015年度の連結業績から、主要調剤チェーン、大手医薬品卸、ドラッグストアなどの調剤薬局事業のみの数値を抜き出したデータベースを一覧にしています。



記事検索


カレンダー

<2017年3月>
4
5
18
192025
263031

データベース