地域医療

全国各地における、薬局と医療機関などの地域医療連携、在宅・介護・福祉に関連したチーム医療連携の現状や今後の展開などを詳しくお伝えします。


筑波大病院、アメニティモールに薬局も  優先交渉権者にローソン

(6月26日 22:02)

地域住民の“薬局=処方箋調剤の場所”払拭へ  「健康イベント」の一斉開催でイメージ変革  Pictures

(6月20日 16:45)

薬取り違え、服用患者死亡  新潟・三条総合病院

(6月5日 10:57)

実施への重要性高まる薬剤師の在宅業務  拡大するも、小規模薬局はハードル高く

(5月30日 17:47)

検査値付き処方箋で疑義照会の質「格段に向上」  JCHO九州病院、薬局が腎障害など見逃さず処方変更に Pictures

(5月29日 4:52)

薬物療法の適正化、医師・薬剤師が地域ぐるみで  北九州・八幡地区で研究会、“減薬加算”過半数で算定なく Pictures

(4月28日 4:52)

大阪・和泉市立病院  敷地内薬局の公募再開、「変動賃料」は廃止  誘致の正当性も追記「病院周辺の立地困難」

(4月21日 4:51)

「時の座標」<23>「偽造医薬品問題」について考える

(4月19日 12:22)

島根大病院  敷地内薬局の公募開始、6月末ごろに契約締結 条件に「大学使用スペース」の整備

(4月18日 4:51)

「STOPP」活用、不適切処方の4割超が変更に  神戸大病院がポリファーマシー対策、目立つNSAIDsやBZD Pictures

(4月7日 4:50)

堺市立医療センター、120店舗と疑義照会簡素化  4月から薬局拡大、残薬調整の日数変更など8項目で Pictures

(4月5日 4:52)

在庫処理で不要な薬投与、統合失調症患者に  広島の病院

(3月17日 15:01)

分割調剤活用、薬局で心不全患者をモニタリング  再入院防止へ、川崎市で4月から地域連携プロジェクト

(3月13日 4:52)

鳥取赤十字病院  敷地内薬局の募集を開始、応募資格に県薬会員も

(3月8日 12:23)

三重県亀山市  市立医療センターの敷地内薬局募集、3月中旬に選定

(3月6日 16:13)

芦屋中央病院(福岡県)  敷地内薬局、第1候補者は佐賀県のミズ

(3月6日 13:57)

広がる「保険者連携プログラム」に取り組む薬局  地域住民の健康支援にどれだけ貢献できるのか

(2月22日 4:48)

栃木医療センター 「ポリファーマシー外来」で平均4種類を削減 対象病棟拡大へ、お薬手帳に調整内容記載も Pictures

(2月21日 14:11)

機運高まる「がん薬物療法」院内研修  医師と薬局薬剤師の“顔の見える関係づくり”も

(2月15日 14:00)

点滴バッグに穴相次ぐ、県警が捜査  長野・上田の病院

(2月1日 17:20)