2018年度調剤報酬改定

1年経過も「地域支援加算」算定2~3割台に停滞  薬局チェーン、調剤報酬算定状況 Graph

(6月17日 4:52)

愛媛プレアボイド報告、地域支援体制加算の施設基準に適合  愛媛県薬、県内115薬局が事例報告 Pictures

(4月4日 4:52)

24時間対応薬局との連携、医療機関の類型で開き  機能強化型在支診・病の連携型は4割超 Documents

(3月27日 17:00)

後発品使用割合75%に上昇も廃棄金額が27%増  18年度改定検証で厚労省、平均在庫品目数は363品目に Documents

(3月27日 15:57)

薬局ヒヤリ・ハット事業への申請殺到受け疑義解釈  厚労省、「仮登録完了」メールなど4点の資料提出で「有」扱いに

(2018年12月19日)

経過期間中のヒヤリ・ハット登録、ほぼ絶望的  地域支援体制加算でなおも申請殺到、さばき切れず

(2018年12月12日)

調剤報酬算定状況、上場7社とも「後発品加算3」増え未算定は減  地域支援加算は若干の増加にとどまる Graph

(2018年12月11日)

地域支援加算、基本料1以外に求める8項目中5項目で厳しい実態  NPhA調査、杉本常務理事「絶望的な項目も」 Pictures

(2018年10月12日)

アインHD、基本料1以外で2店舗が地域支援加算算定  算定割合は27.4%、後発品調剤体制加算3は21.4%に Graph

(2018年9月5日)

「後発品加算3」店舗が早くも増加、日調は4割突破  上場調剤4社、業績回復へ「頼みの綱」 地域支援加算は伸びず Graph

(2018年8月29日)

服用薬剤調整料の算定、大手チェーンでもまだ低調  ハードル多く地域支援加算にも影響、成功事例を社内共有

(2018年8月22日)

情報セキュリティー対策やお薬手帳の活用も条件  厚労省、遠隔服薬指導の薬歴管理指導料算定で疑義解釈

(2018年7月23日)

厚労省・中山薬剤管理官  地域支援体制加算、基本料1の薬局も実績要件「意識して業務を」 Pictures

(2018年7月17日)

「安い」は使わず、基本料3-イを患者にアピール  F&F(栃木県)、ポスター・リーフレットで基本料の違い周知 Pictures

(2018年7月11日)

基本料は3-ロが過半数まで増加、1は3~4割台に低下  大手調剤チェーン5社、主要項目算定状況 地域支援加算は3割前後 Pictures Graph

(2018年6月20日)

副作用報告の具体的な手順づくりへ「手引き」作成  日薬、地域支援体制加算の施設基準に対応 Pictures

(2018年6月18日)

基礎的薬への変更調剤、先発品でなければ「可」  18年度改定Q&A(その4)

(2018年5月28日)

地域支援加算の算定24%、基本料1以外は「ゼロ」  保険薬局協会が18年度改定影響調査、「基本料3-ロ」は3割 Pictures

(2018年5月11日)

業務レベルに応じた報酬切り分け「今後もあり得る」  18年度改定で中山薬剤管理官「高い点数に見合った質の担保を」 Pictures

(2018年4月27日)

施設基準の届け出、目立った混乱なし  18年度改定、厚生局への届け出16日締め切り

(2018年4月13日)