時事解説

注目のテーマや施策について、ニュースの背景、今後への影響などを詳しく解説します。


「調剤特化型」ビジネスモデルの終焉  迫られる制度依存体質からの構造変革

(5月24日 12:34)

偽造薬問題で再認識される管理薬剤師の責務  「役割」果たせる環境整備が不可欠に

(5月16日 16:16)

“薬剤師の存在意義”示す絶好のチャンス  ポリファーマシー対策で「研究会」発足

(5月9日 15:20)

「敷地内薬局の適正化」へ向け収斂する議論  徐々に見えてきた18年度改定への方向性

(5月8日 4:52)

患者第一で「薬局が中身でも競争する時代」へ  ソフト面含めハード面も“質”の充実を

(4月26日 4:49)

「薬剤師不在」検討会からのエールにどう応える  「タスクシフティング」もキーワードに

(4月19日 4:51)

“患者志向の原点”に立ち返ろう  「内容」も「見た目」も変化が必要

(4月11日 14:07)

実現へ動き出す「街の健康ハブステーション構想」  ドラッグストアは健康プラットフォームになれるか

(4月6日 4:49)

薬局・薬剤師のポリファーマシー対策どうすれば  18年度改定でも「薬剤の適正化」がキーワードに

(3月28日 16:26)

中医協、次回改定に向け近く「調剤」テーマに議論  これまでも調剤報酬財源を狙い撃ちする発言が

(3月22日 4:49)

かかりつけ指導料、新設1年でなお目立つ格差  実績が少なければ業界全体の「リスク」にも

(3月14日 14:05)

規制改革WGと厚労省、平行線たどる敷地内薬局問題  2度の「回答」でも溝埋まらず、6月までに何らかの決着へ

(3月8日 15:03)

注目される城西大修士課程「医薬政策管理分野」  現状の保険薬局・DgS経営への問題提起の側面も

(2月28日 14:09)

広がる「保険者連携プログラム」に取り組む薬局  地域住民の健康支援にどれだけ貢献できるのか

(2月22日 4:48)

機運高まる「がん薬物療法」院内研修  医師と薬局薬剤師の“顔の見える関係づくり”も

(2月15日 14:00)

にわかに高まった診療報酬改定への意識  日薬は次回改定への対応(案)を作成

(2月7日 17:07)

「認知症だけじゃない」広がる薬局主催のカフェ  「フラットな関係」で地域密着の足掛かりに

(1月31日 12:17)

生保受給者の「かかりつけ薬局」制度  実施自治体では「効果あり」の声も

(1月25日 13:17)

波紋が拡がる諮問会議の“民間議員発言”  「対人業務」転換への新たな報酬体系構築を

(1月17日 14:26)

スイッチ化新スキームが今年から本格始動  PPIのスイッチは医師の理解を得られるか

(1月10日 17:37)