2016年度調剤報酬改定

【調剤報酬ウオッチ】かかりつけ薬剤師指導料、全保険薬局の47%  今年4月の施設基準届出状況㊦  Graph

(6月15日 12:52)

【調剤報酬ウオッチ】基本料「2」と「3」、28年4月と比べ計513薬局減  今年4月の施設基準届出状況㊤  Graph

(6月14日 12:31)

経過措置の施設基準、引き続き算定は4月10日までに届け出  厚労省が事務連絡   Documents

(3月3日 12:31)

【調剤報酬ウオッチ】㊦基準調剤・後発品加算のマイナス影響は回復基調に   16年度改定後の処方箋1枚当たりの調剤技術料  Graph

(2月2日 12:22)

【調剤報酬ウオッチ】㊤基本料1「復帰」は79薬局、かかりつけ届け出は49.7% 昨年12月の施設基準届出  Graph

(2月1日 15:30)

調剤基本料の「特例除外要件クリア」が60薬局に  9月時点、次世代薬局研究会・渋谷氏まとめ 上位に大手チェーン  

(2016年10月25日)

「かかりつけ薬剤師指導料」関連届出は全保険薬局の45%  7月1日現在における施設基準受理薬局名簿出そろう  Graph

(2016年8月25日)

JPALS、CLレベル4以上で「研修認定薬剤師」に  かかりつけ料の要件、経過措置期間中にクリアへ  

(2016年6月24日)

分割指示の有無かかわらず「剤」「調剤」ごとに算定を  厚労省、疑義解釈第4弾   Documents

(2016年6月14日)

「地域活動」に休日・夜間対応や注射針回収も  厚労省が疑義解釈第3弾、「当面の間」も期間区切らず   Documents

(2016年5月19日)

かかりつけ要件の「地域活動」でなおも混乱  地方厚生局の判断まちまち、薬局現場「統一して」  

(2016年4月21日)

受講者として参加「×」、主催者として参加「○」  かかりつけ料の「地域活動への参画」で誤解  

(2016年4月11日)

保険薬局の指定、10月以降も認めない事例図示  厚労省、構造規制見直しで事務連絡   Documents

(2016年4月8日)

保険薬局の構造規制の見直し、10月から適用  厚労省が改正通知   Documents

(2016年4月1日)

かかりつけ料、アンケートへの署名は「同意取得認めず」  厚労省・疑義解釈   Documents

(2016年3月31日)

分業批判に対する答えが「かかりつけ薬剤師」  厚労省・中井薬剤管理官、基本は面分業「集中率下げて」  Pictures

(2016年3月24日)

かかりつけ薬剤師料の患者同意「施設基準の届け出前でも」  不在時は薬歴管理指導料を算定、厚労省  

(2016年3月4日)

基準調剤加算の在宅実績は「年1回以上」  相当な実績は「月100件以上」で反発も 16年度改定告示   Documents

(2016年3月4日)

中小薬局、基準・後発品加算で月20万円減収も  16年度改定影響額を薬研が試算、1人薬剤師に厳しく  Graph

(2016年2月19日)

新設の調剤基本料3、地方の店舗を“直撃”  集中率95%超で明暗、都市圏は「面処方箋」で適用回避  Pictures

(2016年2月18日)