時事解説

注目のテーマや施策について、ニュースの背景、今後への影響などを詳しく解説します。


薬局・ドラッグに相次ぐ調剤機器  導入で薬剤師の新しい価値創造を  

(6月11日 15:34)

「4.2通知」を考える  「調製」イコール「調剤」ではない  

(5月29日 12:31)

業界に衝撃与えた「調剤業務のあり方」通知  薬剤師支援の担い手養成は「先行者利益」の発想も  

(5月14日 13:52)

研修シールの不正売買で求められる電子的な仕組み  薬剤師職能・研修の信用に関わる問題  

(4月23日 19:08)

敷地内薬局誘致で病院要求エスカレート  公募参加見送る薬局チェーンも  

(4月9日 16:28)

改元を機に希望の花を咲かせよう  数字ではなく中身で評価される薬局へ  

(4月2日 16:23)

与党調整も一筋縄で行かなかった薬機法改正案  非薬剤師業務の整理と40枚規制見直しも併せ検討へ  

(3月26日 15:44)

動き出す薬局内で患者と共に学ぶ場づくり  薬剤師との距離を縮める契機に  

(3月19日 14:40)

それでも止まらない敷地内薬局に漂う「しらけムード」 現実的な対応に転じる都道府県薬も出現  

(3月13日 14:00)

M&A再加速、中堅も旺盛  売り手は組む相手の中身も吟味を  

(3月5日 12:00)

ヘルスリテラシーの向上と薬局の対応  薬局調剤の「見える化」に期待  

(2月26日 13:41)

「調剤財源で院内回帰」の主張に対峙できるのか  薬剤師・薬局団体の“分裂状態”いつまで  

(2月19日 4:52)

医薬連携で住民らの睡眠状態をチェック  「原因解消型医療」へ新たなツール開発  

(2月13日 14:36)

会館建設へ所有する「90坪の土地」の行方  日薬、「あらゆる可能性検討」のリミットは1年  

(2月6日 13:20)

服薬期間中のフォロー、「患者満足向上」のチャンスに  先駆的薬局の取り組みに学ぶ  

(1月30日 4:52)

薬局業務の質的転換へ何をなすべきか  患者にわかるマニフェストづくりのすすめ  

(1月16日 12:00)

「実感」と「エビデンス」で医薬分業を再構築  薬機法改正、対物業務の合理化策もセットで  

(1月8日 16:45)

薬剤師も地域に目を向けた活動を  保健事業と介護予防の一体的実施にどう絡むか  

(2018年12月26日)

薬剤師会は薬局のイニシアチブを取り続けられるか  「組織的な店舗」も本気で取り組む機能強化  

(2018年12月19日)

特区遠隔服薬指導、求められる実績増、一層の薬局参画を期待  

(2018年12月12日)



記事検索

カレンダー

<2019年6月>
9
16
2526272829
30

主な予定

・6月26日(水)
・中央社会保険医療協議会(9:00~12:00、厚労省)

・第1回医療等情報の連結推進に向けた被保険者番号活用の仕組みに関する検討会(10:00~12:00、TKP市ヶ谷カンファレンスセンター)

・6月28日(金)
・第7回オンライン診療の適切な実施に関する指針の見直しに関する検討会(14:00~16:00、全国町村会館)
・医療用医薬品の流通改善に関する懇談会(18:00~20:00、TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター)