地域医療

全国各地における、薬局と医療機関などの地域医療連携、在宅・介護・福祉に関連したチーム医療連携の現状や今後の展開などを詳しくお伝えします。


塩素臭病院食、異物混入か  名古屋市が立ち入り調査  

(2016年10月28日)

入院患者の朝食から塩素臭 東名古屋病院を立ち入り  

(2016年10月27日)

国保病院も敷地内薬局、参加資格に「薬剤師会員」  岐阜・関ケ原病院、来年4月に1店舗の開局見込む  

(2016年10月27日)

「継続」「縮小」で対立  原発事故の甲状腺検査  

(2016年10月25日)

大口病院、再開めど立たず  防犯強化も患者減少  

(2016年10月24日)

混入の動機見えないまま 殺意立証に高いハードル  横浜の点滴中毒死1カ月  

(2016年10月24日)

敷地内薬局の誘致、石川の公立能登総合病院も  調剤2社・コンビニ1社を含むグループで公募  

(2016年10月20日)

〔開催〕高崎健康福祉大  来月19日にHIVテーマのセミナー  

(2016年10月19日)

未使用点滴にも界面剤成分  横浜の連続中毒死事件  

(2016年10月19日)

問われているのは“調剤偏重体質”からの脱却  中長期的な視点に立ち「薬局機能の再構築」を  

(2016年10月19日)

骨粗鬆症治療の早期開始へ、薬局でスクリーニング  金沢大・荒井教授ら研究班、石川県内27軒が参加  Pictures

(2016年10月17日)

患者の薬を勝手に服用  大阪市立病院、助産師解雇  

(2016年10月14日)

入院患者から界面剤不検出  横浜の点滴連続中毒死事件  

(2016年10月14日)

日常生活圏域を軸に薬局モデル開発へ、OTC販売などで処方箋増の成功事例も  

(2016年10月5日)

横浜市が第三者委設置へ  点滴連続中毒死受け  

(2016年9月30日)

捜査幹部「難しい事件」  物証、点滴と解剖結果   

(2016年9月30日)

4階患者の血液採取開始  点滴中毒死事件で検査  

(2016年9月29日)

7月以降、4階で48人死亡 8月下旬は1日5人  横浜の大口病院  

(2016年9月29日)

少量混入、発覚免れか 容体悪化に6~7時間  横浜、点滴連続中毒死  

(2016年9月29日)

搬入後24時間以内に混入か  界面剤、患者連続殺害事件  

(2016年9月28日)