2018年度調剤報酬改定

医療機関の「敷地買い取り」でも特別基本料適用  会議室の貸与や開設時期の指定受けた場合も   

(2018年3月5日)

残薬時の「減数調剤」、医師同意あれば事後報告で  残薬状況や理由を「遅滞なく」報告  

(2018年3月5日)

薬歴の記載事項、関連項目統合で11項目に整理  「継続的な薬学的管理の留意点」など追加  

(2018年3月5日)

集中率の算出、同僚や家族の処方箋は除外  付け替え請求に対応  

(2018年3月5日)

地域支援体制加算  プレアボイドの実績、19年3月末まで経過措置  「8実績」はかかりつけ管理料などで代替可能  

(2018年3月5日)

かかりつけ薬剤師が「必要な理由」を記載  同意書新様式、3月末までは旧様式でも可  

(2018年3月5日)

服用薬剤調整支援料、配合剤・剤形の変更提案は実績にせず  2種類の減少のうち1種類が薬剤師提案なら可  

(2018年3月5日)

地域支援加算で「管理薬剤師要件」はどうなる?  業界やきもき「答申にないから白紙に」「省略されただけ」  

(2018年2月27日)

薬歴に記録すべき17項目、整理統合含め見直し  厚労省、「次回服薬指導の計画」の追加に合わせ  Pictures

(2018年2月19日)

「特定の医療機関」基本料3は診療所、特別は病院   厚労省が3月上旬に通知へ、敷地内薬局は「業務委託」も該当か  

(2018年2月16日)

地域支援体制加算の算定レース、はや“号砲”  薬局ヒヤリ・ハット事業への参加登録申請が急増  

(2018年2月13日)

基本料で打撃、「地域支援体制加算」にも不透明感   18年度改定に大手調剤チェーン、逆に「個店淘汰」の見立ても  

(2018年2月9日)

後発品促進の減算規定、「努力しない薬局あっても困る」  日薬・安部常務理事、敷地内薬局「さらに引き下げも」  Pictures

(2018年2月7日)

後発品調剤低い薬局の基本料減算規定、18年10月から適用  18年度改定で経過措置  

(2018年2月7日)

中医協・支払い側委員  「対人業務を重視した改定」、地域支援体制加算を評価  Pictures

(2018年2月7日)

地域支援体制加算、基準調剤加算より高い35点  基本料1以外は「地域医療への貢献」実績で高いハードル  Graph

(2018年2月7日)

かかりつけの在籍期間要件、「1年以上」に延長  新設の「服用薬剤調整支援料」2種類以上減少で125点  

(2018年2月7日)

後発品調剤加算、75%・80%・85%の3段階  20%以下なら基本料2点減  

(2018年2月7日)

調剤料「15~21日以下」は67点に引き下げ  「22~30日以下」78点、「31日以上」86点  

(2018年2月7日)

在宅薬剤管理指導料  月単位人数で3段階に、1人の場合は650点で点数変わらず  Graph

(2018年2月7日)