2018年度調剤報酬改定

大型門前「外枠」で60億円、調剤マイナス確実に  18年度改定、本体0.55%プラスで決着  1:0.3は維持  Pictures Documents

(2017年12月19日)

1:0.3の維持「感謝とともに納得すべきもの」  18年度改定率の決定受け日薬が見解  

(2017年12月18日)

18年度診療報酬改定、本体0.55%増で正式決定  医科と調剤の配分比率1:0.3維持  

(2017年12月18日)

医師委員が評価に反対、支払い側は賛成  中医協、医療機関からかかりつけ薬剤師への検査値提供で  Pictures

(2017年12月15日)

幅広い医療施策講じることへの配慮を要望  中医協、18年度改定に向け意見書取りまとめ  

(2017年12月15日)

かかりつけ薬剤師への検査値提供で評価を提案  中医協で厚労省、連絡窓口の明確化を要件に  

(2017年12月15日)

改定議論「厳しいことばかり」…あきらめムード漂う  日本保険薬局協会・杉本常務、「ほとんど決まっている」  Pictures

(2017年12月14日)

意見表明前に改定率決まるなど「前代未聞」  中医協で支払い側、朝の「本体0.55%プラス」報道受け  Pictures

(2017年12月13日)

「門前・敷地内薬局の評価適正化の推進」を明記  18年度改定の基本方針取りまとめ  

(2017年12月11日)

「1:0.3」の配分比率「固定する必要はない」  中医協で今村委員、調剤料も「早急かつ大胆に是正すべき」  Pictures

(2017年12月8日)

「月100件以上」特例除外規定、廃止含め見直し  厚労省、手帳活用少ない薬局の評価引き下げも   Documents

(2017年12月8日)

訪問薬剤管理指導料も診療人数に応じた評価に  厚労省、居宅療養管理指導に合わせ   Documents

(2017年12月8日)

店舗数の多い薬局の評価引き下げを再度提案  中医協で厚労省、高集中率・不動産賃貸借ある薬局も   Documents

(2017年12月8日)

院内・院外調剤のコスト差で意見続出、中川氏「調剤財源を院内評価に」  医療部会、基本方針案巡り議論  

(2017年12月6日)

かかりつけ薬剤師、薬局在籍期間「1年」に  日薬・漆畑氏、財務省が本当に下げたいのは基本料より調剤料  Pictures

(2017年12月4日)

地域包括診療料、処方薬把握に連携薬局を活用可能  中医協で厚労省、担当医の負担軽減で  Pictures

(2017年12月1日)

薬剤服用歴管理指導料でも指導・取り組みを明確化  中医協、厚労省が抗菌薬適正使用で提案  

(2017年12月1日)

薬剤師数に応じた地域別調剤技術料の設定も  財政審建議、年末までの検討求める  

(2017年11月29日)

門前・マンツーの基本料、「大型門前」同様の適正化を   財政審が建議、調剤料は「水準全体として引き下げ」  Pictures

(2017年11月29日)

18年度改定の「基本方針」で骨子案、「門前・敷地内薬局」評価の適正化を推進  社保審・医療部会  

(2017年11月24日)