2018年度調剤報酬改定

薬剤師数に応じた地域別調剤技術料の設定も  財政審建議、年末までの検討求める  

(2017年11月29日)

門前・マンツーの基本料、「大型門前」同様の適正化を   財政審が建議、調剤料は「水準全体として引き下げ」  Pictures

(2017年11月29日)

18年度改定の「基本方針」で骨子案、「門前・敷地内薬局」評価の適正化を推進  社保審・医療部会  

(2017年11月24日)

門前・門内薬局の高収益に「分業がゆがんでいる」  中医協で支払い側・幸野委員、実調結果受け見解  Pictures

(2017年11月24日)

中間年の薬価改定は21年度から、調査は全品目  厚労省が薬価制度改革案、販売した卸売業者名の記載も  Pictures

(2017年11月22日)

「週32時間以上勤務」巡る議論で広がる“誤解”  厚労省提案は維持前提、論点は「時短勤務薬剤師への配慮」  

(2017年11月22日)

調剤技術料に集中砲火、全体水準引き下げめりはりを  行改推進会議、調剤基本料の役割「終えている」との声も  Pictures

(2017年11月16日)

体制加算2の薬局35%、一般名処方の割合も35%に増加  17年度後発品促進策調査、「積極的に取り組まぬ」も微増  

(2017年11月10日)

かかりつけ届出薬局、重防加算や在宅で「未届出」上回る  中医協・16年度改定の影響調査を了承  

(2017年11月10日)

在宅薬剤管理、「専門性」と「小児」の評価提案  厚労省、難色示す日医・松本氏に日薬・安部氏は「必要」  Pictures

(2017年11月10日)

「店舗数多いから利益率高いわけではない」  保険薬局協会・南野会長、32時間要件は「そのものの撤廃を」  Pictures

(2017年11月9日)

日薬・森副会長、実調受け「薬局の経営厳しい状況」  山本会長は相次ぐ不祥事に「身内からも多少の出血」  Pictures

(2017年11月9日)

かかりつけ「週32時間以上」の要件見直しに異論相次ぐ  中医協、厚労省提案に日薬・安部委員も「維持すべき」  Pictures

(2017年11月8日)

薬局の損益率は「一般の民間企業より高水準」  医療経済実調受け財務省  

(2017年11月8日)

「病院敷地内」の損益率14.9%と最も高く  医療経済実調、敷地内・門前の効率的経営浮き彫り  

(2017年11月8日)

医療経済実調  保険薬局の利益率は0.6ポイント減、個人は改善  法人は悪化も店舗数に応じ高収益率維持  

(2017年11月8日)

薬剤師給与は減少傾向、法人501万円・個人508万円  医療経済実調  

(2017年11月8日)

医療用保湿剤の大量処方に問題提起  中医協、使用制限の可否が論点に  

(2017年11月2日)

一般名処方、推進方策の検討を  後発品使用促進で厚労省  

(2017年11月1日)

分割調剤、残薬調整で処方箋様式の見直し提案  中医協で厚労省  Pictures

(2017年11月1日)