時事解説

注目のテーマや施策について、ニュースの背景、今後への影響などを詳しく解説します。


18年度予算概算要求に見える薬局機能への期待  重複・多量投薬の是正、かかりつけ機能の強化  

(2017年9月5日)

調剤薬局、相次ぐ特定保健指導への参入  メリット大きいが乗り越えるべき課題も  

(2017年8月29日)

一朝一夕にはいかない薬局薬剤師の認知症対応  支援チームへの関与まだ少数、まずは多職種連携  

(2017年8月25日)

深めよう「対物業務」と「対人業務」の議論  2025年までに残された時間はあまりにも少ない  

(2017年8月14日)

「調剤市場」本格参入へ始動するドラッグストア業界  25年にシェア30~40%へ、組織改革で会員を全面支援  

(2017年8月8日)

かかりつけ薬剤師で変わる「患者指導」  制度導入から1年余り、底上げが課題に  

(2017年8月1日)

かかりつけ機能の質向上へヒントずらり  16年度厚労科研、実務上即役立つポイントも  

(2017年7月26日)

成功事例も見受けられる調剤薬局の物販育成  「個客」との会話の糸口になる仕掛け作りを  

(2017年7月18日)

フレイル対策で注目される「薬剤師と保険者の連携」  “目利き力”で後期高齢者の保健事業でも職能発揮  

(2017年7月13日)

ポリファーマシー対策で期待される薬局・薬剤師  患者が実感できる「アウトカム」示し存在感を  

(2017年7月5日)

「1人薬剤師薬局」はかかりつけ機能を発揮できるか  急がれる近隣薬局との連携体制の構築  

(2017年6月27日)

地域住民の“薬局=処方箋調剤の場所”払拭へ  「健康イベント」の一斉開催でイメージ変革   Pictures

(2017年6月20日)

重複投薬等防止加算、質を伴う実績が重要  薬剤師による専門性発揮に高まる期待  

(2017年6月15日)

調剤薬局が配食事業に乗り出すこれだけの理由  「薬と食」の両面で支える意義と狙いとは  

(2017年6月6日)

実施への重要性高まる薬剤師の在宅業務  拡大するも、小規模薬局はハードル高く  

(2017年5月30日)

「調剤特化型」ビジネスモデルの終焉  迫られる制度依存体質からの構造変革  

(2017年5月24日)

偽造薬問題で再認識される管理薬剤師の責務  「役割」果たせる環境整備が不可欠に  

(2017年5月16日)

“薬剤師の存在意義”示す絶好のチャンス  ポリファーマシー対策で「研究会」発足  

(2017年5月9日)

「敷地内薬局の適正化」へ向け収斂する議論  徐々に見えてきた18年度改定への方向性  

(2017年5月8日)

患者第一で「薬局が中身でも競争する時代」へ  ソフト面含めハード面も“質”の充実を  

(2017年4月26日)