時事解説

注目のテーマや施策について、ニュースの背景、今後への影響などを詳しく解説します。


ヘルスケア産業が横断的連携「産業界として声上げる」  健康寿命延伸へ“協会”発足、500会員が参加の見通し  

(2015年12月1日)

かかりつけ機能の“見える化”へ、全国87薬局が参加  明薬・赤沢研究班の長期処方の患者フォロープロジェクト   

(2015年11月26日)

改定論議本格化の時期に突きつけられた評価  薬局が自らの価値をどう求めるのか  

(2015年11月18日)

調剤薬局・DgSで広がる認知症サポーター養成  課題は「どう取り組み、どう貢献するか」  

(2015年11月10日)

吹き荒れる逆風にさらされる調剤主体薬局  「対人業務優先」への行動変容の第一歩を  

(2015年11月6日)

「薬局ビジョン」策定、次回改定議論にも影響  どうなる立地依存型の門前薬局  

(2015年10月28日)

抗がん剤曝露対策、薬局薬剤師が家庭内の指導を  3学会が合同GLを作成、日常生活にも注意喚起  

(2015年10月21日)

厳しさ予感させる来年の「藤井氏選挙」  日薬連盟としても「当選が絶対条件」  

(2015年10月15日)

小児や高齢者で増加する薬の誤飲、求められる啓発や取り組み  

(2015年10月7日)

認知症対策、高まる薬剤師への期待  薬局の特徴と専門職能生かし貢献を  

(2015年9月29日)

かかりつけ薬局化目指す自覚を  今こそ、具体的行動を起こす時  

(2015年9月15日)

「無資格調剤は薬局」だけなのか  薬剤師法19条と医師法17条の整合性は  

(2015年9月8日)

健康づくり支援薬局  進まぬ医師会、看護協会の理解 “骨抜き”なく魅力ある基準作りを  

(2015年9月2日)

「薬局をゼロから開局する難しさ」を実感  放置すれば薬剤師会の組織力にも影響  

(2015年8月25日)

残薬解消プロジェクト、残薬以外の場面でも貢献  

(2015年8月18日)

「薬局とは何か、調剤とは何か」 存在意義が問われている  

(2015年8月5日)

機が熟したテクニシャン制度めぐる議論  薬剤師に期待される本来業務とは何か  

(2015年7月28日)

オール薬学で「日本薬学教育学会」設立へ始動  大学教育の質や薬剤師国試など課題は山積  

(2015年7月22日)

長引くバッシング、薬剤師の「フラストレーション」頂点に 対応迫られる日薬執行部  

(2015年7月14日)

次期改定 薬の“適正給付”論点に  市販品類似薬、長期処方など検討へ  

(2015年7月7日)