時事解説

注目のテーマや施策について、ニュースの背景、今後への影響などを詳しく解説します。


かかりつけ薬剤師、同意取得に欠かせぬ対話能力  薬学的知識だけでは信頼関係築けず  

(2016年3月29日)

在宅の服薬管理で可能性見いだすロボット  薬剤師をカバー、介護保険適用の要望も  

(2016年3月23日)

16年度改定は医薬分業完成への試金石  個々の薬局が期待される成果目指せ  

(2016年3月15日)

電子お薬手帳  服薬情報の一元的管理へ、まずは普及率向上が最重要課題  

(2016年3月8日)

「かかりつけ」は“顔の見える”関係づくり、今改定は「薬局ビジョン」具現化への第一歩  

(2016年3月1日)

日薬会員数、今年10万人台を割る可能性も  薬局他団体との関係見直す「組織改革元年」に  

(2016年2月24日)

ヒト・モノでコストかさむ24時間営業薬局  利益を「医薬品供給基盤」の構築に  

(2016年2月9日)

足切り基準緩和の第101回薬剤師国試  将来の「薬剤師像」見据えた見直しも底流に  

(2016年2月3日)

「あるべき薬局像」に向け、まずは経営者の意識改革を  

(2016年1月26日)

間近に迫る「2018年問題」  進学者数減少でどうなる薬科大  

(2016年1月20日)

「薬局改革元年」の2016年がスタート  薬局ビジョン実現へ岐路に立つ  

(2016年1月12日)

薬局による訪問栄養指導に制度上の不備  求められるエビデンスづくり  

(2015年12月15日)

中長期的視点で見直し迫られる「調剤報酬体系」  薬局機能、薬剤師職能を適正に評価する仕組みづくりを  

(2015年12月8日)

ヘルスケア産業が横断的連携「産業界として声上げる」  健康寿命延伸へ“協会”発足、500会員が参加の見通し  

(2015年12月1日)

かかりつけ機能の“見える化”へ、全国87薬局が参加  明薬・赤沢研究班の長期処方の患者フォロープロジェクト   

(2015年11月26日)

改定論議本格化の時期に突きつけられた評価  薬局が自らの価値をどう求めるのか  

(2015年11月18日)

調剤薬局・DgSで広がる認知症サポーター養成  課題は「どう取り組み、どう貢献するか」  

(2015年11月10日)

吹き荒れる逆風にさらされる調剤主体薬局  「対人業務優先」への行動変容の第一歩を  

(2015年11月6日)

「薬局ビジョン」策定、次回改定議論にも影響  どうなる立地依存型の門前薬局  

(2015年10月28日)

抗がん剤曝露対策、薬局薬剤師が家庭内の指導を  3学会が合同GLを作成、日常生活にも注意喚起  

(2015年10月21日)