野菜果物で死亡リスク低下

がんセンター9万人超追跡

2022/9/8 08:57

 野菜と果物を多く食べる人は少ない人に比べ、死亡のリスクが低いとする研究結果を、国立がん研究センターと横浜市立大などのチームが国内約9万5000人の追跡調査を基に7日発表した。摂取量が多いほどリスクが...

残り447文字

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

団体・学術 一覧一覧

自動検索(類似記事表示)