時事解説

注目のテーマや施策について、ニュースの背景、今後への影響などを詳しく解説します。


敷地内薬局、問題解決へ日薬は早急に行動を  最も苦しい対応迫られるのは地域薬剤師会と会員薬局  

(5月23日 4:50)

「社内資産」を活用できる健康経営支援ビジネス  「保険外収入」基盤構築の足掛かりにできるか  

(5月16日 13:47)

「ACP」への関わりやケアプラン踏まえた服薬指導も  介護分野で求められる専門性超えた薬剤師の役割   

(5月9日 4:50)

DgSと「別の土俵」で勝負する薬局の“物販”とは  特定少数をターゲットにした商品提案を  

(5月2日 12:39)

対面不要な「一気通貫」の在宅医療は実現するか  規制改革会議、オンライン服薬指導で厚労省と交渉へ  

(4月25日 4:50)

一段と重要性が増す患者の「個別化対応」  慶応大薬学部と薬局が研究事業スタート  

(4月18日 4:50)

保険調剤の利益配当と「薬局法人」、早急に議論を  日医によりにわかに高まる問題意識  

(4月10日 17:22)

買収案件を精査するようになった大手調剤チェーン  「適正価格」見極め、成熟したM&A戦略に転換を  

(4月4日 14:01)

浮かび上がってきたスイッチOTC化促進の課題  「要指導薬にとどまる仕組み」や「薬剤師の販売体制」も  

(3月29日 4:55)

どう受け止めるか、改定に込められたメッセージ  試される今後の“薬局・薬剤師の在り方”  

(3月20日 14:12)

クローズアップされる「薬剤師の需給問題」  30万人突破も解消されない地域偏在、解決へ早急に議論を  

(3月14日 4:55)

18年度改定で“対人業務”評価へのシフト鮮明に  問われるのは個々の薬剤師のプレーヤー力  

(3月6日 16:12)

他職種との連携で「専門性発揮」さらに促す内容に  18年度改定、地域包括ケア担う薬剤師へ期待高まる  

(2月27日 17:31)

薬局にも広がり始めた「ヘルプマーク」  業界全体に求められる社会貢献への取り組み  

(2月21日 4:53)

「同一月」3段階になる薬剤師在宅業務の狙いは  「量だけでなく質も」の時代へ、新たな仕組みも導入  

(2月15日 4:53)

具体的な成果と実績が問われる調剤報酬改定  薬局の役割と取り組む課題達成に向け行動計画を  

(2月6日 17:58)

解禁するも普及しない電子処方箋  実証事業で期待される課題の把握  

(2月1日 12:01)

持続可能な社会へ薬局の責任を果たす  マスカット薬局が「CSRレポート」制作  Pictures

(1月24日 4:46)

次期改定、薬剤師との連携が医科点数上でも評価  薬学的観点に基づく対人業務へ高まる期待  

(1月16日 17:03)

24時間対応に健サポ、薬剤師の資格取得…  ハードル高まる敷地内薬局公募にどう対応  

(1月11日 11:36)



記事検索

カレンダー

<2018年5月>
345
612
1319
2026
2728293031

主な予定

・5月30日(水)
・第2回医療・介護データ等の解析基盤に関する有識者会議(10:00~12:00、全国都市会館)
・「医療用医薬品の流通改善に関する懇談会」第27回会合(15:00~17:00、三田共用会議所)

・5月31日(木)
第10回重篤副作用総合対策検討会(17:00~19:00、厚労省)