時事解説

注目のテーマや施策について、ニュースの背景、今後への影響などを詳しく解説します。


薬局業務の質的転換へ何をなすべきか  患者にわかるマニフェストづくりのすすめ  

(1月16日 12:00)

「実感」と「エビデンス」で医薬分業を再構築  薬機法改正、対物業務の合理化策もセットで  

(1月8日 16:45)

薬剤師も地域に目を向けた活動を  保健事業と介護予防の一体的実施にどう絡むか  

(2018年12月26日)

薬剤師会は薬局のイニシアチブを取り続けられるか  「組織的な店舗」も本気で取り組む機能強化  

(2018年12月19日)

特区遠隔服薬指導、求められる実績増、一層の薬局参画を期待  

(2018年12月12日)

薬剤師の真価問われる「服薬期間中のフォロー」  バッシングへの回答になるか  

(2018年11月27日)

“フォーミュラリー加算”は時間の問題か  地域の標準薬物治療推進に薬剤師会はどう絡む  

(2018年11月20日)

患者の処方見直しの情報をどうつなぐか  動き出す地域ぐるみのポリファーマシー対策  

(2018年11月15日)

それでも薬剤師会が反対する「ある理由」  敷地内薬局の誘致問題で薬剤師会は孤軍奮闘  

(2018年11月7日)

患者に高い顧客満足提供へ、今こそ接遇研修の強化を  

(2018年11月1日)

本質を置き去りにした利便性論議  「おくすりカウンター」と敷地内薬局から見えてくるもの  

(2018年10月17日)

健サポ薬局制度化から2年、普及スピード遅く  現場発の「ムーブメント」を取り込めるか  Pictures

(2018年10月4日)

広がる薬局と医療機関の連携によるPBPM  調剤報酬の増点以上に大きい薬局への期待  

(2018年9月26日)

服用薬剤調整支援料、必要なのは医師が認める「実力」  主従と映りがちな薬剤師との関係変えるきっかけに  

(2018年9月19日)

対人業務拡充に消極的な開設者と現場を変えるには  薬局批判払拭へ、まず一歩を踏み出そう  

(2018年9月4日)

ポリファーマシー対策は「院内」から「地域」へ  医療機関が薬薬連携を強化  

(2018年8月22日)

「地域医薬品供給体制確保計画」は薬剤師会の総意か  開局規制や調剤報酬との関連で渦巻く臆測  

(2018年8月16日)

調剤薬局の薬剤師に「物販の楽しさ」はあるか  現場のモチベーション向上へ試される本部の知恵  

(2018年8月7日)

薬機法改正の論議には長期的視点が必要  時代に合った「薬局」「調剤」の定義の検討も  

(2018年7月24日)

分業批判に終始した医薬品制度部会の行方  なぜ薬局の機能分化や新たな計画が必要なのか  

(2018年7月23日)