ヘルパンギーナ、定点当たり0.05で減少傾向  

感染症週報第4週

2022/2/15 09:19

 国立感染症研究所は14日、感染症週報第4週(1月24~30日)を公表した。ヘルパンギーナの定点当たり報告数は0.05となり減少傾向であるものの、過去5年間の同時期と比較してかなり多い。都道府県別の上...

残り176文字

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

行政・政治 一覧一覧

自動検索(類似記事表示)