特集クローズアップ

【WEB限定動画ニュース】隠岐の薬局、絶やさない「仕組み」作り

M&Aで取得、yakuromaの村島氏

2022/8/31 13:44

 経営者の高齢化が進む離島の薬局を再生させ、持続可能な「仕組み」作りに挑んでいる薬剤師がいる。yakuroma(名古屋市)は昨年12月、隠岐諸島・島後島(島根県隠岐の島町)で閉局間際の薬局1店舗をM&A(合併・買収)で取得。代表取締役で薬剤師の村島清貴氏らも一時的に島に移住するなど、建て直しに力を入れた。

 取得のきっかけは、視察の際に薬局に通っていた患者の切実な声を聞いたこと。島全体で人口減少や高齢化が進む中で、島内3店舗のうちの1つが無くなる影響の大きさを感じたという。高齢のため処方箋の受け付けを断念していた先代オーナーに代わり、村島氏自らが島に移住して調剤。店内の改装や在宅訪問先の開拓など半年間余り、ほぼ住み込みで薬局が生まれ変わる基礎を築いた。

 今夏からは新たに島外から若手薬剤師を招き、薬局の運営をバトンタッチ。一定期間で薬剤師が入れ替わってしまったとしても、この場所に薬局があり続けるように―。離島の薬局を絶やさない、新しい「仕組み」は回り始めたばかりだ。(動画・記事=折口 慎一郎)

※この記事は9月末まで無料公開します。

前のページへ戻る

【同じタグが付いた記事】

薬局 一覧一覧

特集・連載:クローズアップ一覧

自動検索(類似記事表示)