特集クローズアップ

【WEB限定動画ニュース】無薬局地域でモバイルファーマシー調剤

医薬分業のメリット「医療過疎地にも」

2022/11/21 13:00

 モバイルファーマシー(災害対策医薬品供給車両、MP)を活用し、薬局のない医療過疎地域に出向いて調剤する「車両調剤」の実証実験が岐阜県で始まっている(関連記事)。岐阜薬科大付属薬局(開設者は岐阜市長)の一部として診療所そばに設営し、10月から有用性を検証中だ。

 無薬局地域でも、医薬分業のメリットを享受できるように―。災害時以外は運用されてこなかったMPを活用していく道も探っている。(動画・記事=折口 慎一郎)

※この記事は12月末まで無料公開します。

前のページへ戻る

関連記事

【同じタグが付いた記事】

地域医療 一覧一覧

特集・連載:クローズアップ一覧

自動検索(類似記事表示)